インフルエンザウイルスに苦しむ男性とタミフルの画像

タミフルの効果はインフルエンザウイルスに直接作用して菌の増殖を防ぐとされています。また、インフルエンザに罹ると肺炎や気管支炎を併発しやすく、早急に治療することが重要です。

2度目の感染症とタミフルについて

インフルエンザに2回も感染したという人がいるかもしれません。1回感染したらそのシーズンではもう感染しないと考えている人もいますし、2度目はインフルエンザではないと考えている人もいるでしょう。しかし、1度目も2度目もインフルエンザという感染症の可能性があります。2度目については単なる風邪だと考える人もいるかもしれませんが、気になる症状が出た場合はできるだけ早く病院で検査してもらうと良いでしょう。ちなみに、インフルエンザは1シーズンに2回感染してしまうこともあります。基本的に1回発症したら2回目はかからないということですが、2度目も感染してしまう理由について知っておくと良いでしょう。1シーズンに2回インフルエンザに感染する理由としてはまず、インフルエンザのA型とB型に感染したということが挙げられます。また、同じ型でも種類が違うと2回感染することがありますし、1回目の感染の際に免疫が十分できなかった場合も2度目の感染のリスクがあります。インフルエンザに感染した場合、タミフルなどの抗インフルエンザ薬を処方されることになります。タミフルを服用することですぐに熱などの症状を抑えることができますが、この薬にはウイルスの増殖を抑えるという働きがあるため、インフルエンザの免疫が作られないこともあります。すぐにタミフルを服用することは大切です。しかし、免疫が作られないと何度も感染してしまう可能性がありますし、その度に治療が必要となります。ちなみに、現在ではタミフルだけでなく抑制されていた免疫を解除させる薬も一緒に処方されることもあります。このような薬を服用することでインフルエンザに感染しにくくなるでしょう。