インフルエンザウイルスに苦しむ男性とタミフルの画像

タミフルの効果はインフルエンザウイルスに直接作用して菌の増殖を防ぐとされています。また、インフルエンザに罹ると肺炎や気管支炎を併発しやすく、早急に治療することが重要です。

高熱にはタミフルと湿度管理と頓服を

急に40度近くの高熱が見られるようになると、人間は誰しも驚いてしまいます。一般の風であってもなかなか40度の高熱が出ることはないからです。40度近くの高熱、それに伴い下痢や嘔吐も見られ、激しい関節痛もあり、咳や鼻水が酷い場合には、まずインフルエンザのウイルス感染を疑わなければいけません。インフルエンザのウイルスに感染すると、そのウイルスを体外に排出しようとして体が反応してこうした激しい症状に見舞われることになります。高熱が出て慌ててしまいますが、まずは頓服を飲んでみると一時的に高熱は下がります。しかしこれでインフルエンザの感染が完治したと油断してはいけません。頓服は一時的に効いているだけで、再び高熱が出るようになるので、医療機関を訪れることが大事です。医療機関ではウイルス感染が本当か否か、検査が行われます。鼻のなかの粘膜を綿棒で採取し、そこにウイルスが含まれているかで検査します。陽性反応がでたら医師は専門の治療薬を処方してくれます。その専門治療薬とはタミフルやリレンザを指します。これらの薬を服用すると、肺でのウイルスの増殖を食い止めてくれます。すると次第に激しい症状は緩和されるようになります。しかし熱が下がったからと言って途中で薬をやめてはいけません。体の中にはたくさんのウイルスが存在し、まだ完全に死滅してはいません。そのため治療薬は一週間程度決められた用量を服用することが大事です。また高熱で脱水症状に陥りやすいので、経口保水液やスポーツドリンクで充分水分を取ることが大事です。また他人に感染をさせてはいけないので、隔離された場所で加湿器を用いて湿度を50パーセント以上に維持し、安静に療養することが大事だと言えます。