インフルエンザウイルスに苦しむ男性とタミフルの画像

タミフルの効果はインフルエンザウイルスに直接作用して菌の増殖を防ぐとされています。また、インフルエンザに罹ると肺炎や気管支炎を併発しやすく、早急に治療することが重要です。

頓服薬のタミフルは保険適用で安い料金で入手可能

日本の冬は寒さが厳しいことで世界的にも有名です。寒さが深まるにつれて弊害が見られるのも事実です。人の体温が低下して血流も悪くなります。体温が低下すると免疫力は低下し、様々な感染症に感染しやすくなってしまいます。インフルエンザ感染はその代表的なものであると言えるでしょう。インフルエンザで特徴的なのが、40度近くの高熱が出てしまうことです。体温計でははからなければ、ただの風邪と思い頓服を飲んで熱を下げようとします。インフルエンザの高熱も頓服薬を飲めば一時的に熱は下がります。しかしそれは本当に一時しのぎの対処法であり、インフルエンザを抜本的に治療することは不可能と言えます。インフルエンザは肺に入ったウイルスが増殖をすることで熱が出たり、下痢や嘔吐、鼻水に咳が出る疾患です。そのためインフルエンザの治療には、専門の治療薬で治療する必要があります。インフルエンザの治療にはおもに、リレンザやタミフルと言った薬が使われます。これらの治療薬は医療機関でしか処方してもらうことができません。そのため料金が非常に高いと懸念する人も少なくありません。しかし、医療機関では健康保険適応で安くタミフルを購入することができます。タミフルを飲むと次第にウイルスの肺での増殖を抑えられるので頓服に頼らなくても熱が下がるようになってきます。次第に下痢などの諸症状も緩和します。しかしタミフルは10代の青少年が服用した場合、幻覚、幻聴、異常行動などの副作用が稀に見られます。こうした副作用を懸念する場合には、副作用の報告されていないリレンザなどの吸入薬を医師に相談し処方してもらうとよいでしょう。リレンザも健康保険適用で手に入れることができます。