インフルエンザウイルスに苦しむ男性とタミフルの画像

タミフルの効果はインフルエンザウイルスに直接作用して菌の増殖を防ぐとされています。また、インフルエンザに罹ると肺炎や気管支炎を併発しやすく、早急に治療することが重要です。

未成年のタミフル服用はNG?

タミフルは非常に効果に優れたインフルエンザ治療薬であるものの、現在の日本国内では10代への処方が原則として禁止されています。
そのため代替となるインフルエンザ治療薬を使った治療がメインとなっているのですが、服用の容易さなどから考えるとタミフルという薬も決して悪い選択肢ではないことは間違いないでしょう。
ではどうしてタミフルの処方が未成年に対して行ってはいけないことになっているのかというと、その理由には過去に起きた事故があります。
かつてまではタミフルが未成年者に対して処方されることは普通にあったのですが、この薬を飲んだ子どもが服用後に異常行動を引き起こしてマンションから転落死するなどの事故があったのです。
この事故があったために「タミフルを子どもに飲ませると異常行動を引き起こす」というイメージにつながり、日本政府はその対策として処方を原則禁止にするといった形で対応したわけです。
この対応は現在でも継続しており、現状を見るとまだ継続的に行われる見込みが強いです。
ですが少々知っておきたいポイントになるのは、タミフルの服用と異常行動への因果関係についてはまだ立証されていないということです。
そもそもどうして異常行動を引き起こしたのかという原因すら明らかになっておらず、現在の見解もインフルエンザ脳症などの疾患が原因だったのでは、タミフルの副作用が体質によって出るのではないかといったように大きく割れています。
しかし医学・薬学的には異常行動とタミフルの因果関係についてはまだ立証がされておらず、薬が原因だったかどうかはわかっていないのです。
もちろんこうした事例があったために安全を確保する目的で原則禁止の処置が取られているわけですが、「この薬を飲むと異常行動を引き起こす」というのは誤解であるという見方が強いわけですから、この点は勘違いしないようにしましょう。