インフルエンザウイルスに苦しむ男性とタミフルの画像

タミフルの効果はインフルエンザウイルスに直接作用して菌の増殖を防ぐとされています。また、インフルエンザに罹ると肺炎や気管支炎を併発しやすく、早急に治療することが重要です。

インフルエンザの症状のどの痛みとタミフルの保険適応

冬には多くの人々が体調に変調をきたします。それは環境的要因、身体的要因、心理的要因などさまざまな原因が考えられます。風邪やインフルエンザ感染も、こうした様々な要因から発症すると考えられています。ストレスをため、栄養が偏り、睡眠不足で免疫力が低下しているとインフルエンザに感染しやすくなります。インフルエンザと風邪の見極めは非常に難しいと言えます。それは様々な症状が似ているためです。しかしインフルエンザであっても風邪であっても重症になると命の危険があるのはどちらも同じです。そのためのどの違和感、頭痛、鼻水などの症状が見られた場合には早急に医療機関を受診することが大事です。インフルエンザか風邪かと言う診断は、医療機関で鼻の粘膜を摂取して検査にかければすぐにわかります。風邪などの場合は抗生物質を処方してもらい服用すれば三日も経過すれば完治する傾向にあります。しかしインフルエンザ感染だとわかれば、専門の治療薬のタミフルを処方してもらう必要があります。タミフルは約5日から一週間程度飲み続ける必要があります。タミフルを飲んで三日もすれば熱や下痢などの諸症状はとれます。しかし体内にはまだまだたくさんのウイルスが存在するので、一週間程度はタミフルを飲み続けなければいけません。タミフルはインフルエンザウイルスの増殖を食い止める特殊な薬です。ドラッグストアや薬局でも売られておらず、医療機関でしか手に入れることはできません。しかし医療機関では健康保険適応で処方してもらう事が出来るので、費用面で心配することはありません。またタミフルが錠剤で飲み辛い場合には医師に相談して保険適応のリレンザと言う吸入薬を処方してもらうと良いでしょう。