インフルエンザウイルスに苦しむ男性とタミフルの画像

タミフル宅急便

タミフルの効果はインフルエンザウイルスに直接作用して菌の増殖を防ぐとされています。また、インフルエンザに罹ると肺炎や気管支炎を併発しやすく、早急に治療することが重要です。

タミフルは何日服用すればいいの?

人気のインフルエンザ治療薬であり、日本で多くの方に使われているタミフルは、ウイルスの増殖を抑えて症状を緩和するための飲み薬です。
治療薬とは言ってもウイルスを退治するものではなく、感染した細胞内に閉じ込めて他の細胞に転移するのを抑える働きを保っています。
インフルエンザウイルスが細胞内に感染すると、自己の複製を繰り返して増殖し、他の細胞へと移動する際にノイラミニダーゼと呼ばれる酵素を必要とします。

タミフルの作用機序は、このノイラミニダーゼの働きを阻害することにあり、ウイルスそのものへの作用は有していません。
ノイラミニダーゼが細胞からウイルスを切り離す働きを保っていますが、タミフルを服用することで細胞から移動するのを阻止し、全身にウイルスが広がるのを防ぐようになっています。
そのことから、タミフルはノイラミニダーゼ阻害薬と呼ばれ、インフルエンザの症状が重症化するのを防ぐようになっています。

タミフルの服用は症状が現れてから48時間以内に服用することが前提となっていますが、早く服用すればその分だけ感染の広がりを防ぐことになります。そうなると、インフルエンザの症状である発熱、咳、関節痛といったものが緩和され、体にかかる負担が軽くなりますが、体内に潜むウイルスは活性化したままです。
効果が出るような人だと、服用から2日ほどで熱が下がったり体が軽く感じることがありますが、ウイルスそのものは体内に残っているため、そのまま仕事などに行くと感染源となることもあるので注意しましょう。
臨床試験などで確認された結果として、少なくとも5日間は連続して服用することが決められていて、それよりも短い期間で服用を中止するようなことがあれば、ウイルスに耐性をもたせ、変異させるなどの問題が生じるおそれがあります。

もしかして…と思ったらタミフルの準備をしておきましょう。
タミフルの他にもインフルエンザ治療薬は存在します。リレンザは世界初の抗インフルエンザ治療薬として、発売されました。
インフルエンザの予防はマスクをしたり、手洗い、うがいの方法があります。どうしても防ぎたい場合はリレンザの予防投与を自費で行なうことが可能です。
リレンザは吸入式なのでウイルスの増殖をすばやく抑えて治療できます。タミフルとリレンザはどちらもインフルエンザ治療薬として効果的なので自分に合ったのを選びましょう。